|東京都世田谷区中町|整形外科|SOL整形外科スポーツクリニック

筋膜リリース外来

エコーガイド下筋膜リリース

マッサージではかいぜんしない、
つらい肩・腰・膝の痛みに効果的です
肩こりで悩んでいる方は非常に多く、マッサージや鍼などを色々試したものの、改善せずに諦めている方も多くいらっしゃいます。
血行不良や筋肉の緊張だけならマッサージや鍼で改善しても、コリの原因はそれだけではありません。

コリの原因とは?
最近では、コリの多くは筋肉を覆う筋膜などの組織が硬くなったり、くっついてしまうことが原因で起こることが分かってきました。
筋膜の状態が引き起こす痛みなどの病気を「筋膜性疼痛症候群」と呼びます。

筋膜とは筋肉を包む膜のことで、全身の筋肉を覆っています。この筋膜は柔らかい組織なので、委縮・癒着(いしゅく:かたくなるゆちゃく:からまる、くっついてしまうこと)しやすい特徴があります。この筋膜の委縮や癒着が時にコリや痛みを招き、筋肉の柔軟性を損なう原因になります。

エコーガイド下筋膜リリース注射は、この筋膜がくっついている痛みの原因に、エコー(超音波診断装置)を用いて診断しながら、生理用食塩水を注射することで、筋膜を剥がして伸ばし、痛みをやわらげる治療法です。

筋膜性疼痛症候群:MPS Myofascial Pain Syndrome

筋膜性疼痛症候群とは、筋膜が原因で痛みやしびれを引き起こす病気です。
日本ではあまり知られていません。レントゲン、MRI 、血液検査などの一般的な検査では分からないため、診断や治療を行っている医療機関は多くありません。
治療の流れ
治療の際は、まず痛みの原因となる発痛点をエコーで診断します。
この痛みの原因となるトリガーポイントは、痛みを感じる場所にあるとは限らないため、エコーで発痛点であるトリガーポイントを見つけます。
エコーでトリガーポイントを見ながら、注射し、癒着している筋膜を剥がします。
ストレッチとの違いは?
ストレッチは単一方向への筋膜の縮みに対してのみ有効です。
筋膜リリースのは、
広範囲においてあらゆる方向へ圧をかけることができますので 、萎縮・癒着を剥がすために必要なすべての方向へ圧をかけられます。
単純なストレッチと比較して、効果的です。
採用情報採用情報